ゲスト:葛飾区訪問看護ステーション 高木所長 テーマ:訪問看護について かつしかFM「なかまで介護」第23回(2019年5月16日放送分)

  かつしかFM(78.9Mhz)から発信する地域包括ケア
「なかまで介護」
毎週(1~3週)木曜日10:00-10:54 放送中!

このサイトでは、ラジオ放送から数週間遅れで、youtube再放送版を公開しております。

 

なかまで相談室

高齢者総合相談センター高砂 中村センター長
他県から引っ越してこられた70歳代後半男性から、 保険料の支払いについての相談がきっかけで来所 し、経済面や病気の手術後の生活に対する相談を 受けました。近所に知り合いも少ない事から、オレ ンジカフェや認知症サポーター養成講座などを案 内しました。地域で一人でも多くの知り合いができ ると良いですね。
オレンジカフェ高砂では皆さんが楽しめる体操やカ ラオケ大会など様々なイベントを開催しています。

なかまゲスト

葛飾区訪問看護ステーション 高木所長
認知症などで在宅訪問看護の利用者数は増加傾 向にあり、前年から10%増加しています。 訪問看護は入院治療が終わる頃に退院カンファレ ンスでどこまでのサービスを受けるかを決めるそう です。昨今、家族構成や家庭事情でさまざまなケ ースがあるので、まずはかかりつけの先生に相談 し、その後ケアマネさんや薬剤師と連携し実際の在 宅看護内容を決めていきます。
利用者さんの立場から見ても「自宅で生活できる事 がとても重要」だと言います。 家族がそばにいてくれる安心感は最期の時にも そうなのかもしれませんね。
利用者さんのケースに合わせて医療・看護プランを 考える事ができる訪問看護はまさに介護の未来を 担っていると思います。

 

介護についての悩みやご相談など、なんでも結構です。
ぜひ番組までメールください。

かつしかFM リクエスト・メッセージフォーム
詳しくは投稿をご覧ください。