ゲスト: 歯科医師会の勝俣会長 テーマ:口腔ケア予防の重要性について かつしかFM「なかまで介護」第7回(2018年12月6日放送分)

  かつしかFM(78.9Mhz)から発信する地域包括ケア
「なかまで介護」
毎週(1~3週)木曜日10:00-10:54 放送中!

このサイトでは、ラジオ放送から数週間遅れで、youtube再放送版を公開しております。

 

「なかまで相談室」

葛飾区高齢者総合相談センター 青戸 槙島センター長さん

葛飾区の高齢者の現状

マスター:高齢者を取り巻く今の状況を教えてください。

日本が超高齢化社会を迎え、葛飾区も同じような状況になってきています。高齢者のひとり暮らしだとか日中お一人になる家庭が増えてきています。私達のセンターにも、遠方のご家族から「いつもは電話に出てくれて、それで安心するのが、今日電話しても出ないので心配」というような相談の電話が寄せられてきます。その時は、当センターの職員がご自宅に伺って訪問をして、安心安全を確認しています。まったく初めての方でも、私達の担当エリアであれば、伺うようにしています。

相談事例:見守り

マスター:例えばそういう話があった時に、どういうご案内をしているんですか。
また、具体的にはどんなサービスがあるのでしょうか。

電話を受けて実際に訪問してご本人がいらっしゃった時に、予防という意味で、葛飾区内にもいろいろなサービスありますので、そういったものをご案内しています。

ひとつは、平成29年の4月から「見守りサービス助成事業」というのが始まっていて、民間の警備会社さんなどが実施する見守りサービスですね。そういうことの初期設置費用について、区が助成する制度になっています。また、パソコンやスマホで生活を見守るサービスをいろんな業者さんが始めているので、オート電話だとかオートメール、あとはカメラですね。緊急用のボタンなんかもあります。そういうものに対して助成をおこなうもので、区の方では上限13500円までになりますね。

相談事例:外出困難な方へのお弁当宅配サービス

マスター:他にもなにか事例はありますか?

日中お一人になる方だとか一人住まいの方も増えてきていますし、何らかの原因で外出が出来なくなったり、エレベーターのない高層住宅もまだあったりしますので、そういった外出困難な方に対して、調理済みのお食事をご自宅に届ける配食(お弁当の宅配)サービスです。ただお弁当を届けるだけじゃなくて、その時に健康だとか安否の確認をします。例えば、お弁当を配送したんだけど取りに出てこないとか、そういう場合には、私どもセンターや区役所に連絡していただけるシステムになっています。業者さんがいくつかあって、それぞれ、区の方で助成を既にしてある金額設定になっています。糖尿病の方とか腎臓病の方の治療食も、宅配給食では頼めるようになっています。

店長:家で糖尿病だとかの食事を作るのは大変なので、助かりますね。

相談事例:GPSによる位置探索サービス

マスター:認知症の方でご家族が困っている場合があると聞いたのですが、対策は?

ひとり住まいの方だとか認知症の高齢者が外に出て行ってしまって行方不明になるということも起きています。それに対して「徘徊高齢者位置探索サービス助成事業」というのが、区役所の方でおこなわれていて、それはGPSの機器を持っていただき、いなくなるなどした時に、ご家族がそのサービスに契約していて問い合わせをすれば、今どのへんにいますよといったお知らせをしてくれるものです。

店長:GPSとなると人権とかっていうこともあるけど、安全ということ、大事な家族を見守るということ、なおかつ介護者の負担を少なくするということでは、前向きに捉える事業ですね。

新宿(にいじゅく)郵便局 鎌形総務部長


 【郵便局の「見守り訪問サービス」①おうち訪問】

マスター:郵便局でおこなっている「見守り訪問サービス」について教えてください。

約1年前に郵便局として何か地域の方に貢献できないかということで始めたサービスです。現在65歳以上で一人暮らしの方が、男性で6.5人に1人、女性で5人に1人ぐらい、その方達に何かサービスできないかということで、見守りの訪問サービスをおこなっています。

お近くの郵便局員が毎月1回、約30分程度おうちにお伺いして、体調はいかがですかとか、不審な電話や生活に不便なことはありませんかとか、そういうことを聞かせていただきます。そのほか、写真を撮らせていただいて、高齢者のお子様や家族の方に状況をお送りできますよということで始めたサービスです。

郵便局の「見守り訪問サービス」②電話

マスター: 別のサービスもあると聞いたのですが?

電話サービスというものがございます。自動音声ですので、直接の訪問はありません。毎日決まった時間に電話がかかってきて、それをプッシュホン等で入力するというものです。何か異常があった時や普段と違うことがあれば、すぐ連絡にいきます。また、何もなければ状況を確認するため、警備会社が駆けつけます。

マスター:東京都では特別に警視庁さんと連携されているとのことですが?

警視庁と郵便局で協力しているサービスとは、「見守り訪問サービス」をご利用されている方に、最新の特殊詐欺とかの情報を提供して、なんとか被害を減らしたいというものです。振り込め詐欺やオレオレ詐欺など、すでに今年に入ってから、葛飾区でも現在約1億5000万程度、被害にあっているということですので。最新の手口などもご紹介しています。

「なかまゲスト」

葛飾区歯科医師会 勝俣会長

【葛飾区歯科医師会の活動】

マスター:葛飾区歯科医師会の活動紹介をお願いします。

区内に歯科診療所を持っている約220人の集まりで、公益社団法人として、区民の健康の保持増進に寄与するための活動をおこなっています。健診などいろいろありますが、基本的には、お母さんのお腹の中にいる時からご高齢の方まで各ライフステージにそっての活動です。非常に大事な「妊婦歯科検診」の後は「1歳6ヶ月の歯科検診」、それから2歳頃では「スクスク歯育て歯科検診」、さらに「3歳児健診」、小学校から高校までは学校歯科健診がメインに。20歳から40歳くらいまでは空いて、職場でやってもらうとかになります。

マスター:高齢の方になると、また健診が始まるんですよね?

歯周病が非常に問題になってくる時期なので、40歳から70歳の方には5歳きざみで「成人歯科検診」をおこなっています。区内全員の方に受診票を送って健診を促しますが、歯周病に気をつけてください、かかりつけ歯科医を持ってくださいという意味合いが大きいです。

【高齢者の口腔ケア】

店長:高齢者の方にとっても、物を食べるということはすごく大事ですよね。

75歳の方に対して今やっている「長寿健診」というのを、あと2年くらい先に80歳の方も対象に加えたいと思っています。口の周りが衰えてくるので、そういうことを調べながら、指導しながらおこなう健診になっています。飲み込みとか、筋力が衰えて噛むことが少し弱くなるとか、そういうことを注意するための健診です。

マスター:よく嚥下障害ってことで、詰まっちゃったり、それが気管に入って肺炎になったり、口腔ケアは大事。その知識を教えてもらえると嬉しいね。

 【寝たきりの方のための訪問歯科診療】

マスター:訪問歯科診療というのも歯科医師会として区と連携してやっていますよね。

全国的にも何箇所しかないぐらいの方式でやっている「たんぽぽ歯科診療所」というところがありまして、訪問診療だけでなく、患者さんを迎えに行って診療所に連れてきて、歯科の治療椅子の上で治療するような形をとっています。そういう椅子の上でやる方が完璧にできますので。こういう事業を始める前に実態調査をやってみて、移送が可能だということになりました。訪問治療だと口腔ケアでおそうじするようなことはできますが、ある程度のところまでしかできません。これは「葛飾方式」と言って全国的に有名な方式になっています。

マスター:移送までしているとは知りませんでした。

【予防・正しい磨き方について】

予防についても教えてください。

基本的に虫歯や歯周病の原因というのは、歯につく汚れなんです。歯につく汚れはうがいしただけでは取れない、くっついちゃうんです。歯垢もとれない。歯ブラシを使って取るのが効率いいわけですが、歯ブラシを使って取るためには、毎日使わなければなりません。

店長:どれくらいの時間を使って歯を磨くのが理想的でしょうか。

歯磨きをして歯ブラシを使ってやるのと、さらに歯間ブラシやデンタフロス、そういうものを使って10分くらいかけた方がいいですね。患者さんには、毎回そんなにできないですから夜寝る前だけでもそのぐらいやってください、という指導はしています。

【かかりつけ歯科医を見つけよう!】

マスター:それでも自分で気が付かないものもあると思うのですが、その場合には、定期的にかかりつけのドクターを決めて、そこにおじゃまするというのがいいですか。

年に2、3回くらいは、痛くなくても歯医者さんに行ってチェックしてもらって専門的な掃除をしてもらうと、年を取った時に非常にいいので、そういうかかりつけ歯科医を持つことをなるべく若い時から意識してやって頂きたいと思います。

マスター:高齢の方は歩いていくのも厳しい時があるので、なるべく(家の)近くで、いいドクターを見つけて。(この先も)美味しい食事が取れるか取れないかは、口の中で決まるというのが大きいですから、かかりつけのドクターを見つけて、それで予防していくようにしていきたいですよね。

葛飾区歯科医師会の中で、「かかりつけ歯科医紹介窓口」というのをやっています。なにか口の中のことで困ったことがあった場合には、そちらに電話していただけますと、ちゃんと治療するドクターを探してご紹介しますので、ぜひご利用ください。

介護についての悩みやご相談など、なんでも結構です。
ぜひ番組までメールください。

かつしかFM リクエスト・メッセージフォーム